ノートルダム清心女子大学同窓会

お知らせ

快挙!「歌会始の儀」入選者に卒業生2名!!

更新日:2019.01.11

明けましておめでとうございます。
新年早々に大変嬉しいニュースが入ってきました。
宮中の新春行事として長い歴史を誇る「歌会始の儀」の入選者に、ノートルダム清心女子大学の卒業生から2名の方が選ばれました。
 

23期 国  文  学   科  秋山美恵子さん(岡山市)、
31期 国語国文学科 重藤洋子さん(倉敷市)です。

平成最後となる今年のお題は「光(ひかり)」で、一般から詠進された2万1971首(うち海外129首、点字32首)の中から、披露される10首に、見事入選されました。
 
秋山美恵子さんの歌
【光てふ 名を持つ男の 人生を 千年のちの 生徒に語る】
 
重藤洋子さんの歌
【無言になり 原爆資料館を 出できたる 生徒を夏の 光に放つ】
 

1月16日(水)に、皇居正殿・松の間で開かれた「歌会始の儀」では、招かれたお二人の歌が、天皇皇后両陛下や皇族の方々の御前で詠み上げられました。
同窓生として、大変誇りに思い、心よりお慶び申し上げます。誠におめでとうございます。